本文へスキップ

ホールの法務 〜 パチンコ店営業のための風営法とコンプライアンスを解説

TEL. 042-701-3010

〒252-0303 神奈川県相模原市相模大野8-2-6 第一島ビル4F

パチンコ店営業に関連する風営法の手続

風俗営業法人を分割又は合併するとき


 風俗営業者である法人について分割又は合併をして、分割後又は合併後の法人に風俗営業を承継させる場合には、あらかじめ都道府県公安委員会から承認を得ることによって風俗営業許可を合併後または分割後の存続会社に承継させることができます。

 承継する法人の役員については人的欠格事由に該当しないことが求められます。「あらかじめ」ということですので、都道府県公安委員会からの承認を受ける前に法人の合併又は分割をして営業を承継させてしまっても、風俗営業者としての地位の承継が認めらず、許可が失効してしまいます。

 都道府県公安委員会から承認を得た分割又は合併計画書のとおりの合併又は分割が行われなかった場合には、その承認は効力を失います。

 会社法に関することはここでは述べませんが、合併や分割の手続には手間と時間がかります。風俗営業許可を取り直すのか、合併分割・承認申請でよいのか、悩む場合が多いです。

 新規に許可を取り直す場合、保護対象施設など「場所の要件」の問題がありますし、パチンコ店の場合は許可申請中の遊技台の入替が困難な場合がありますから、遊技台の入替ペースとの兼ね合いが問題となります。保証書等の準備も大きな負担となります。都道府県によっては、新規許可取得の際に、既存店舗について一度営業を停止しなければならない場合もあります。

 公安委員会からの承認後に合併または分割の効力が発生したら、すみやかに風俗営業許可証の書換え手続をする必要があります。この場合の書き換え手数料は原則として免除されますが、営業所の名称変更などを同時に行う場合は別途手数料がかかります。


  • 分割の承認申請における関係書類
    1.分割承認申請書
    2.分割計画書(新設分割の場合)又は分割契約書(吸収分割の場合)の写し
    3.分割後役員(監査役を含む)の氏名及び住所を記載した書面
    4.分割後の役員(監査役を含む)の住民票の写し(外国人にあつては、外国人登録証明書の写し)
    5.分割後の役員(監査役を含む)の登記されていないことの証明書
    6.分割後の役員(監査役を含む)の身分証明書
    7.役員就任予定者の誓約書(法第四条第一項第一号 から第七号の二 までに掲げる者のいずれにも該当しない旨の誓約書
  • 合併の承認申請における関係書類
    1.合併承認申請書
    2.合併契約書の写し
    3.合併後の役員(監査役を含む)の氏名及び住所を記載した書面
    4.合併後の役員(監査役を含む)の住民票の写し(本籍入り)
    5.合併後の役員(監査役を含む)の登記されていないことの証明書
    6.合併後の役員(監査役を含む)の身分証明書
    7.合併後の役員(監査役を含む)による法第4条第1項第1号から第号の2までに掲げる者のいずれにも該当しない旨の誓約書
  • 分割及び合併の承認申請の手数料 ¥12,000

認定機にご注意を

規則改正により、ホールで保有する認定機の再設置の重要性が増しました。
今の時期に法人の合併又は分割を行う場合には、認定を受けた遊技機の承継を明確にしておくことが望ましいです。
特に吸収分割の場合は必須となりますのでご注意ください。


独占禁止法の届出について

独占禁止法により、分割又は合併の効力発生前に公正取引委員会に届出を行うべき場合があります。
届出後に分割等の禁止期間が設定されていますので注意が必要です。


  ☆全国のパチンコ店の風営法手続の相談に対応しております。
 042-701-3010 のぞみ合同事務所




バナースペース

株式会社のぞみ総研

〒252-0303
神奈川県相模原市相模大野8-2-6
第一島ビル4F

TEL 042-701-3010
FAX 042-701-3011


ホール企業の風営法
いつでもお気軽に
相談できるサービス

のぞみ総研のサービスの
ご案内は
こちらをクリック!


<全国対応>